絶対に嫌な風俗での失敗談

印象が違うのは仕方ないけど…

男女でここまで印象が違うものって風俗くらいしかないんじゃないのかなって思うんですけど、それもまた個性の一つとして捉えればそれはそれでもないないんじゃないのかなって思いますけどね(笑)むしろ風俗って吉原ソープとか有名ですが、男性向けのサービスなんです。女性に対して向けられているものではないだけに、女性からの印象が悪いのは仕方ないんじゃないですかね(笑)男の世界と言うか、男が楽しむためのものだと思いますので、あんまり深く考えないというか、男であれば本能で楽しんじゃえばそれでいいんですよ。女性から自分と同性が…という気持ちもあるかもしれませんけど、それを言いだしたらキリがない部分もありますしね。そんな細かいことを考えるくらいであれば、性欲に正直になって、自分が楽しみたいって思ったように楽しむくらいが理想なんじゃないかなって。だから最近では風俗は、特に何も考えずに遊ぶようになりました。そのくらいで丁度良いんじゃないのかなって。

じっくりというスタイル

勢いに任せるのではなくてじっくりと遊ぶのが自分流なんですよ。あんまり勢いを出せるほど若くはなくなってきていると言うのもあるんですけど、じっくりと相手の存在を味わうことが今の風俗の遊び方ですね(笑)だから抜くだけじゃないんです。抜いて終わりとか、抜くためだけに風俗で遊ぶのではなく、抜くことも含めたコミュニケーションというか(笑)相手の風俗嬢との時間を楽しみつつ、最終ゴールで発射するんです。こうしたスタンスで楽しむようになってからというものの、体の底の方にまでいろいろな形で満足感が残るようになったんです。それだけでも本当に素晴らしいことじゃないですか(笑)それに、じっくり遊んだ方が自分の体力的な問題でも良いんですよ。じっくりとじゃないと、かなり息切れするような年齢と体力になってきてしまっているのもあるので、そこもまた、ちゃんと調べておきたいなって気持ちがあったんです。だから風俗で遊ぶ時には「じっくり」です。