2月14日(土)から新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー!

監督・脚本・編集:加藤綾佳, 主演:森川葵, 音楽:ふぇのたす, 木口健太, 谷啓吾, 井上早紀, 加弥乃, 松澤匠, 巴山祐樹, 緑茶麻悠, みこ, ヤマモトショウ, 澤“sweets”ミキヒコ, 撮影, 平野晋吾, 照明:小川大介, 録音:吉方淳二, 助監督:滝野弘仁, ヘアメイク, 久乃, 企画配給:SPOTTED PRODUCTIONS, 制作:GOLD FISH FILMS, 協力:ユニバーサルミュージック/加茂啓太朗 カラー│2014│80分

森川 葵(もりかわ・あおい)キリコ役

1995年6月17日生まれ、愛知県出身。女性ファッション雑誌「Seventeen」の専属モデルオーディションでグランプリに選ばれ、2010年にモデルとして芸能界入りし、2012年女優デビュー。主な出演作品に、ドラマ「スプラウト」(12/NTV)、「ホリックxxxHOLiC」(13/WOWOW)、「35歳の高校生」(13/NTV)、「ごめんね青春」(14/TBS)、映画『スクールガール・コンプレックス-放送部篇-』(13/小沼雄一監督)、『渇き。』(14/中島哲也監督)、『人狼ゲーム ビーストサイド』(14/熊坂出監督、)『劇場版 零〜ゼロ〜』(14/安里麻里監督)などがある。待機作品として『チョコリエッタ』(2015年1月17日公開/風間志織監督)がある。

木口健太(きぐち・けんた)幸太役

2010年、大学在学中に演劇学校に入学。2011年に映画デビューを果たし活動を始める。以降、映画やPV、CMなどと活動の場を広げる。主な出演作品に第19回釜山国際映画祭などで上映された『SHARING』(篠崎誠監督)、CM レオパレス21「カスタマイズ篇」(西川美和監督)がある。また、『揺れるスカート』(岡元雄作監督)での演技が評価され山形国際ムービーフェスティバル2014において最優秀俳優賞を受賞する。

谷 啓吾(たに・けいご)ユウト役

jungle所属。大阪芸術大学舞台芸術学科卒業後、関西の小劇場や文化事業などに出演。脚本、演出、プロデュースも行う。マイム俳優 いいむろなおき氏に師事。ノンバーバルパフォーマンス「ギア-GEAR-」にマイムパートとしてロングラン出演中。

井上早紀(いのうえ・さき)さやか役

1991年12月10日生 AB型。オーディション雑誌への応募がきっかけで芸能活動を始める。2012年よりフジテレビONE「競馬予想TV!」のアシスタントとして2年間レギュラーを務め、その後雑誌、バラエティ番組等へ多数出演。2013年ウェブ関連の仕事で加藤綾佳監督と出会い、本作で映画デビューをする。

加弥乃(かやの)茜役

東京都出身、1994年生まれ。子役として舞台「アニー」などに出演。テレビドラマ「チョコミミ」で主人公ミミを演じ同キャラクター名義でCDをリリース。アニメ「ジュエルペット」でエンディングテーマを歌うなど若くしてアーティストとしての才能を発揮。12歳でアイドルグループAKB48発足当時の最年少メンバーとして活動。現在は女優として幅広く活躍。『少女は異世界で戦った』(14年/金子修介監督)では主演の一人としてアクションにも挑戦している。

松澤 匠(まつざわ・たくみ)ケンジ役

1985年生まれ、埼玉県出身。アルバイト先で豊田利晃監督と知り合い、2010年『蘇りの血』にて映画初出演。自主映画など複数の映像作品に出演後、2011年にポツドール「おしまいのとき」で初舞台。そのときの役の影響からか、以降もギャル男・チャラ男・ヒモ・元ホスト・チンピラ・薬の売人など、しょうもない男を多数演じている。主な出演作品に、映画、『恋の渦』(大根仁監督)、舞台、「おしまいのとき」(ポツドール)、「効率の優先」(城山羊の会)などがある。また、待機作品として映画『味園ユニバース』(山下敦弘監督)、舞台「男たらし」(ブス会)などがある。

ミュージック&スタッフ
音楽/主題歌 ふぇのたす ●みこ(ボーカル)、澤”sweets”ミキヒコ(デジタルパーカッション)、ヤマモトショウ(ギター、シンセサイザー)

2012年夏、活動を開始。2013年7月、1stミニアルバム「2013ねん、なつ」をリリース。ライブハウスはもちろん、同人音楽イベント、アイドルイベントとジャンルを超えたライブ活動により知名度を上げる。2014年5月に2ndミニアルバム「胸キュン’14」をリリース、12月に渋谷クラブクアトロでのワンマンライブを行い、メジャーデビューを発表。2015年3月11日、ユニバーサルミュージックジャパン ZEN MUSICより「PS2015」のリリースが決定している。

▶ふぇのたすオフィシャルホームページ

監督 加藤綾佳(かとうあやか)

1988年生まれ。映画美学校12期フィクションコース卒業。卒業後に製作した『水槽』が初監督にしてPFF2012に入選する。2013年、東急ヒカリエ一周年記念映画、ヒカリエイガにて短編作『キラキラ』、女性監督によるオムニバス企画、桃まつりにて『サヨナラ人魚』を監督2014年、MOOSIC LABにて『おんなのこきらい』を監督。本作品にて単体での劇場デビューとなる。

カメラマン 平野晋吾(ひらの しんご)

映画美学校6期フィクションコース卒業。主な代表作に『ジャーマン+雨』(2006年)、『チチを撮りに』(2013年)、『ジ、エクストリーム、スキヤキ』(2013年)、『りんごのうかの少女』(2013年)など。映画の他、企業映像やweb映像など、様々な分野のカメラマンとして活動。

照明 小川大介(おがわ だいすけ)

1968年愛知県出身。主な作品に『口裂け女2」(2008年)、『デメキング』(2009年)、『真夜中からとびうつれ』(2011年)、『りんごのうかの少女』(2013年)、『ジ、エクストリーム、スキヤキ』(2013年)、『FUCK ME TO THE MOON』(2013年)、『世界の終わりのいずこねこ』(2015年)等がある。

助監督 滝野弘仁(たきの ひろひと)

助監督として活動する傍ら、2013年のMOOSIC LABには『FUCK ME TO THE MOON』で監督として参加(共同監督/高畑 鍬名)。ゆうばりファンタスティック国際映画祭コンペディション部門入選。他、監督作に映画『もしかしたらバイバイ』やライムベリーPVなど。

ヘアメイク 久乃(ひさの)

大村美容専門学校卒業。バンタンキャリアスクール卒業。バンタン在籍中からヘアメイクアシスタントとして活動し、その後フリーに。映画、広告、ファッション、TVのヘアメイクを担当。ナチュラルから特殊まで幅広く日々研鑽。